TOP > 


【早漏防止スプレー】 NEOリドスプレーPREMIUM【性欲剤.com】【早漏防止スプレー】 NEOリドスプレー...
4,200円
前作を上回るサポート力でプレミアムにパワーアップ

Ads by 電脳卸

早漏なんてこわくない

早漏は医学的には明確な時間の決まりはありませんが、一応、こういった状態が早漏という定義があります。2003年の性機能障害に関する国際コンサルテーション会議で出された早漏に関する下のような勧告が最新のコンセンサスとなっているようです。

以下の3つの診断基準を満たす場合を早漏と診断する。(「膣内射精潜時」とは、膣内にペニスを挿入してから射精までの時間)

@膣内射精潜時が短い(診断基準に合致する必要は無いが、膣内射精潜時の目安を、通常2分以内とする)

A射精のコントロールが不能

B本人、またはパートナーの心理的な苦痛

この定義に従えば2分を超えれば早漏ではない、となりますが。

これ以前には以下のような早漏の定義もあったようです。

@挿入前、挿入途中、挿入直後のいずれかの時点で、本人の意思に反して、最小の性的刺激で射精してしまい、これが反復ないし持続する状態。

A膣内射精潜時が2分以内で、これが過去6ヶ月以上の間に性交の50%以上で発生する場合。

B不十分な勃起状態で挿入前、挿入15秒以内の射精。

C挿入60秒以内の射精。

Dパートナーが希望する挿入から射精までの時間内で、射精をこらえられない場合。

こちらのほうが早漏に当てはまる方が多くなりそうですね。

●早漏かどうかの基準は

パートナーが希望する挿入から射精までの時間内で射精をこらえることができるか、これ重要だと思います。

パートナーが満足すれば、2分でも早漏とは呼べないのと思います。

2分単発では満足させられないのなら、2連発、3連発とこなせば満足するかもしれません。

●日本人の3人に1人は悩んでいるといわれる早漏

自分で射精をコントロールできる方もいるかもしれませんが、ほとんどの方は腰振りまかせでしょう。

早漏の原因としては、

・性器触覚による過敏反応

・神経伝導疲労による大脳の射精抑制機能低下

・前立腺炎などの早漏症を伴う疾患

・ホルモンの原因

・精神的な原因(不安・トラウマ)

・勃起不全を誘発する原因

といった要因が重なって「早漏」となっているために、早漏の原因を正確に特定するのは難しく、泌尿器科などでの治療も複合的な治療となることが多いようです。

病院サイドは「精神的要因」を重視する声が多く、メーカーサイドは「肉体的要因」を重視するようです。

●20代までの早漏

若い頃の早漏は、ペニスの尖端が敏感なために起こるようです。

包茎等による皮膚過敏が主な原因とされており、包茎矯正器具メーカー、美容形成外科クリニックの宣伝文句に「包茎治療=早漏改善」とうたうものが多いです。

しかし器質性の原因だけが若い頃の早漏原因になるわけではなく、不安・早い性体験・射精コントロールのテクニックなど心因性の原因によるものもあり、精神的要因が根本的な原因だとする説が有力です。

不安な上にはじめてのセックスで緊張のあまりいきなり・・・その後トラウマとなり、なかなか自信が持てないという体験が多いようです。

しかし、この時期・年代の早漏は慣れやトレーニングで必ず直ります。

●30代以降の早漏

30代を超えると男性ホルモンの分泌も年とともに弱まり、さらに体力も低下していきます。

そのため、射精をコントロールする射精管閉鎖筋という筋肉の働きが弱くなったために、早漏が起きやすくなるといわれています。


体が射精をコントロールすることができなくなっている状態なのですが、これは男性ホルモンの分泌が盛んなら起こらない病状だともいえます。

射精管閉鎖筋は年齢とともに弱っていくので、サプリメントなどを摂取して改善を図る手段も必要になってきます。

40代以降の中高年になると、ED(勃起障害)で早漏に悩む方が多くなるようです。

セックスの途中で中折れしてしまった上で、たいした興奮も味わうことなくだらだらと射精してしまう早漏です。

EDについてはしっかりした認識と治療が必要になります。

勿論、精神的要因が根本原因になることもあり、仕事や家庭生活のストレスから早漏になってしまう例もあるそうです。

●肉体的要因早漏克服法

@セックスの30〜60分前にあらかじめ自慰をしておくと、9割以上の確率で成功します。

短絡的な方法ですが、比較的効果があります。ただし、本番時に回復できないと本末転倒ですので注意が必要です。


Aスタート&ストップ法

射精閉鎖筋を鍛える方法です。

「射精するぎりぎりの限界まで陰茎を刺激して止める」を繰り返す訓練を続けます。
これは、激しい興奮を得ても射精せずにいられるようにするトレーニングです。

通常は自分で行うものですが、できればパートナーに協力してもらうとさらに効果的なトレーニングになります。


まず、それ以上刺激が続いたら射精するぎりぎりの限界まで陰茎を刺激します。

そしてパートナーに合図して刺激をいったん止めてもらい、その20〜30秒後に刺激を再開してもらいます。

最初は手で練習し、その後は性交のときにも練習します。 

このトレーニングによって、95%以上の男性が5〜10分もしくはそれ以上の時間、射精を抑えられるようになります。

●精神的要因早漏克服法 

@心に余裕を持たせるために行為前にアルコールをたしなんでおく

20歳以上の方限定の克服方法です。心理的に余裕ができ、落ち着けるようです。

A早漏対策グッズ使用する

何度か使用して行為すると、慣れから自信がつきます。若い方、性交経験が少ない方に有効な克服方法です。

麻酔スプレー+太いコンドームなど複数のアイテムを同時に活用することにより、刺激を格段に抑えて持続時間を長く保てるようにします。

早漏はトレーニングで90%は治ると専門家は言います。

精神的に克服する為には自信をつけることが一番の近道です。

自信をつけるためには肉体的+精神的克服方法を上手に使いこなして克服経験数を増やすことが重要になります。

克服できた方のほとんどは「何であんなに悩んでいたんだろう?」と不思議に思うそうです。


関連エントリー